ライタイハン、戦争とその深い傷跡

Pocket


日本軍によって強制的に慰安婦とされた事例が多々あったと国際的な関心事になっていますが、その”証拠”とされるものはそのような目にあった方の”証言”がほとんど。
慰安婦はいた、これは事実ですが、日本軍が強制的にいわゆる”従軍慰安婦”として奴隷扱いしたかどうかはどうなんだろう。
 
韓国の友人と話す機会があったので聞いてみたら「おじいさんが強制的に日本の炭鉱へ連れて行かれた」という。
「仕事を求めて日本へ渡ったということはないの?」と聞いてみると、その当時の家庭は大変貧しく働き口がなくって、教育を受けていないので字が読めない彼女の祖父は韓国内の仕事にありつけず・・・と”本音”を言ってくれた。
 
日韓基本条約によって戦後補償は求めないというルールーが定められても禍根はいまだに残っている。韓国しかり、南京しかり、日本軍は本当に残虐非道だったのか?
 
戦争に関してはバランスよく評価することも必要かと思う。こと国内では日本軍の所業が報じられるが、戦時中の他国での同様な情勢はどうだったのか。
 
他国でもあった事実だからと言って、自国の行いをそれに合わせて評価するものでもないが、当時の雰囲気はどんなものだったのかは知っておくべきだと思う。
 
これから引用記事に登場する”ライタイハン”という言葉は、”ライ=混血児”+”タイハン=大韓”からできた言葉であるが、興味のある方は是非”続きを読む”からどうぞ。ちょっと衝撃受けました。



韓国軍に集団輪姦されたHuongさん
https://i1.wp.com/blog-imgs-65.fc2.com/h/o/r/horukan01/IE001685662_STD_59_20140306153005.jpg?w=400
Huongさん(66)を訪れた。小さな体にきれいなラインを持つHuongさんは、戦争当時、米軍基地で掃除や炊事をしながら生計費を稼いだ。
その日は韓国兵士が飲んだ飲料水を片付けていた途中だったという。1人の兵士が「お前もオレンジジュースを飲むか?」と聞いたという。おばあさんは疑うことなく、ジュースを受けて飲んだ。しかし、しばらくしてHuongさんは気絶した。目を覚ますと服が剥がれていたという。
Huongさんはやっと自分が輪姦されたことに気づいた。おそらくその場にいた韓国軍の数人に集団的にやられたはずだった。その時Huongさんはわずか二十歳だった。
それでも食べて生きなければならないので、おばあさんは再び部隊を訪ねた。しかし、彼らはこれ以上仕事をさせずHuongさんを追い出した。その後Huongさんは妊娠したことに気づいた。娘の身で妊娠をしたことも、韓国軍兵士に集団輪姦を受けたことが知られれば、世間が自分を排斥するはずだった。
一人の人生が出口の見えない闇の中に沈んだ瞬間だった。年老いた父は最初の子供を無理に降ろすと、これ以上子供を生むことができないだろうと言った。お腹の中で育つ生命なので、Huongさんはどうしようもなかった。そしてHuongさんは娘を生んだ。
一人で娘を育てることは身にしみるほど大変だった。地方を飛び交いながら働いて5年後、ベトナム人の男性出会い子どもまで設けたが結婚はしなかった。韓国軍に輪姦された女という噂で男性の家族が反対したのである。娘が大きくなるにつれ、父親が誰なのかと尋ねてくると、Huongさんはただ「金(Kim)」と答えた。
金(Kim)は誰の名前もなかった。それは韓国人将兵たちが自分の身分を隠すために使用した卑怯で拙劣な代名詞であるだけだった。ライタイハンの娘は学校でいじめを受けた。敵国の子、敵軍の血を受け継いだ子供という冷遇と蔑視だった。娘は結局学校をやめて社会に飛び込んで、あらゆる苦労をしながら生きてきた。
そしてもう一つの話を娘が加えた。ホーチミン市で宝くじ販売する仕事をして偶然60代の半ばの韓国人を会いました。そのおじさんに勇気を出して私はライタイハンと話しました。すると、おじさんが「私がお前を助けてあげる」と言いながら宝くじを10枚買ってくれました。本当に有り難かったです。ひょっとしたら父かも知れないという考えも浮かびました。
しかしおじさんがくれたお金は全て偽物でした。その日は号泣しました。これまでのすべての悲しみが一気に噴出しました。人生はなぜこんなに過酷か。神は彼女に絶えず「許せ」とだけ語っている。まだ父を探したいかと尋ねた。娘はイヤだと言った。
父を憎んで憎悪するライタイハンはこの娘以上はいないだろう。ベトナムがそうしたように、先進国入りした大韓民国が、これからは包容力と正直さを見せてあげる時ではないかと思う。ベトナム政府は現在、国として公式的に戦争被害賠償を要求していない。戦争の後、社会を再建して経済を起こすことが緊迫した状況で賠償を要求して強大国から孤立することはできなかったのが理由だ。
「過去を忘れ、未来を志向する」というスローガンはそのように始まった。しかし、ベトナムの国民たちまで過去を忘れたわけではない。彼らの人生の中で依然として現在進行中であり、また愛と和解を基盤とした癒しを絶対的に必要としている。
抱いた女性を無視する父、自分で蒔いた種の子どもを知らないふりをしている父は尊敬できない。それは国家的レベルでも同じだ。過去を認めて彼らに謝罪することから、新しい大韓民国と尊敬される父は始まるのだ。

韓国軍人たちによって集団輪姦…彼の名前は “KIM” http://horukan.com/blog-entry-506.html?sp
ネイバーニュース(ハングル語)
2ch.sc


【話題】 元朝日新聞サイゴン支局長の井川氏 「韓国兵は女性を見つけたらレイプした。単独ではなく輪姦です。そして用が済めば殺した」

http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395204103/【国際】 ベトナム戦争 韓国軍による凄まじき「ゴダイの大虐殺」の証言★2
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395033139/【国際】 韓国軍の基地で働いていたベトナム人女性が証言 「兵士たちに集団輪姦された」
http://ai.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1395269855/


☆韓国による漁船拿捕・拷問・殺害事件☆韓国は1954年に竹島に海洋警察を上陸させ不法占拠を開始
それと前後して、竹島近海で操業している日本漁船に対して、銃撃や監禁・拷問を繰り返すようになった
漁業協議会の調べでは、65年までに拿捕された日本の漁船は328隻、抑留された船員は3929名、死傷者は44名にのぼる
捕らわれた日本の漁師達は1965年まで拘留され、人質として外交カードに利用された。その年月は最大で13年にも及ぶ■拷問を受けた第三興洋丸の乗組員(生きたまま焼かれたと思われる)

■第三興洋丸が拿捕された当時の映像


//facebook//