『太りにくい食べ方』医師が実践したダイエットするならこんな食生活

Pocket



元ハーバード大学医学部准教授の医師、髙橋弘氏が実践したダイエット体験が話題です。好きなものを食べても太らない・病気にならない帳消しメソッド
高橋さんはアメリカ留学をきっかけに75キロだった体重が90キロまで増加したことからダイエットを決意。食事の時にまず野菜から食べるという”ベジファースト”を実践し見事ダイエットに成功しました。




体によくないとわかっていても、つい食べてしまう揚げ物やラーメン。やらねばと思いつつも、なかなかできない運動。
胃の中に入ってしまった食べ物やゴロゴロと過ごした休暇を取り戻すべく始めたダイエットも長続きはしない……。そんな悩みを抱える読者も少なくないだろう。

そんな肥満や糖尿病という悩みを持つ方々にうってつけなのが、体や健康に関して深い知識がない人でもすぐに実践でき、かつ効果の高い方法を網羅した一冊、好きなものを食べても太らない・病気にならない帳消しメソッド (髙橋弘/日本実業出版社)だ。

 
 
そこで今回は、本書の著者で米ハーバード大学医学部元准教授の医師、髙橋弘氏に、

・好きな物を食べても健康的に痩せられる食事方法
・高カロリーのラーメンや焼肉の正しい食べ方
・ダイエットと健康に効果を発揮するファイトケミカルとは?

について話を聞いた。

●執筆のきっかけは自分の肥満

–本書では、食習慣の改善や生活上の工夫で簡単に体重を落とせる内容を紹介されていますが、執筆に至った経緯を教えてください。

髙橋弘氏(以下、髙橋) 執筆した理由は2つあります。1つは、以前肥満体だった自分自身がダイエットに成功したこと。
今から約15年前に私がハーバード大学の病院に勤めていた頃の話になりますが、渡米前は75キロ前後だった体重が、日本に帰国した頃には90キロ近くにまで増えていたのです。
日本よりも皿の大きさからしてひと回りもふた回りも違うハイカロリーな料理で、体重が増えてしまったのです。そこで、帰国を機に減量を決意しました。もともとチャレンジが好きな性格なので、ダイエットに関しても、さまざまなことを実践していきました。

–健康を一番に考える医師という立場でも、他国のボリュームの違う食文化に触れることで、きがつかないうちに体重が増加してしまったのですね。

髙橋 実践したダイエット方法が、体重を無理なく落とせたのは大きな発見でした。
もう1つのきっかけは、日々の診察でメタボや糖尿病で悩む患者さんに「簡単で楽に痩せられる方法」を伝えていましたが、来院されていない方にも広く知ってもらいたいと思ったことです。

「痩せる」という言葉を口に出すだけならば簡単ですが、実際に痩せるのはいかに大変で苦労することか、自ら体験したからこそ理解でき、また対処法も確実なものをお伝えできると思っています。

●健康的に痩せるためには、食事に「ベジファースト」を取り入れる

–本書のタイトルにもなっている「好きなものを食べても帳消しにできる」食事方法を教えてください。

髙橋 ラーメンや焼肉などは、肥満体質の人は漏れなく大好きなメニューでしょう。
他人からすると「ダイエット中ならば、食べなければいいのに」と思うかもしれませんが、食べることが好きな人や生きがいとなっている人たちからすると、制御できないのが正直なところでしょう。

また過剰な食事制限や急激なダイエット計画は長く持続しません。かくいう私も、ダイエット中でもラーメンや焼肉などを食べていましたが、ここにひと工夫加えることがコツなのです。
糖質や油分など、カロリーが多く含まれるものを摂取する場合に重要なのが「ベジファースト」、つまり野菜を先に食べるということです。

https://i1.wp.com/image.news.livedoor.com/newsimage/6/b/6b7f3_1292_bd311133_fbf4fe65.jpg?w=680

以下ソース
http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/femnewsplus/1425969242/


じゃ、二郎は優秀なダイエット食品である、という事?


野菜から最初に食べろなんてどのダイエットでも言われているような…


(´・ω・`)腸内細菌がデブなら何をやろうとデブになる


//facebook//